早急な対策|広告宣伝の合理化を図ろう~ホームページ制作を依頼~
website

プロに任せれば安心!風評被害対策は優秀な業者へ依頼

誹謗中傷のリスクを減らせる風評被害対策

一般的な風評被害対策業者は、単純な風評被害だけではなくて、悪意を持った特定の個人によって行われる誹謗中傷対策までカバーしてくれます。現代は、誰もが匿名の掲示板で簡単に誹謗中傷ができる時代です。それほど強い悪意や恨みがなくても、面白半分で誹謗中傷が繰り返されることも多いです。いくら個人が行っている誹謗中傷で悪意が薄いと言っても、それを見た人たちは非常に心象を悪くします。放置しておくと、企業の経済活動には大きなマイナスになることは間違いがありませんよね。ですから、特別な業者による対策が求められているのです。業者に対策を依頼すれば、誹謗中傷のリスクは低減させられます。

早急な対策

ノートPC

業者の対応スピードや信頼性もチェック

風評被害対策業者を選ぶときには、まず対応のスピードが早いかどうかに着目しましょう。風評被害対策は、とにかく初動の速さが決め手になります。同じように削除依頼をして削除してもらうという対策を取る場合にでも、問題のある書き込みを発見してどれぐらいの時間が経っているかで、結果が大きく変わってきます。放置している時間が長ければ長いほど、その書き込みは大勢の人に見られることとなります。大勢の人に見られた後で削除をしても、これはあまり意味が無いのです。情報が拡散をする前にストップをかけなければ、本当の意味で風評被害対策ができたとは言えません。とにかく業者の対応スピードは重要になってきます。連絡をしたその瞬間から動き出してくれるようなところに依頼をするのがベストです。このあたりは実際に使ってみなければ分からないことも多いですが、口コミ情報を参考にすれば、ある程度は推測できます。また、業者選びの際には信頼できるかどうかも重要になってきます。風評被害対策対策業者と言っても、ピンからキリまであります。困っている人からお金が取れればいいと考えて、適当な仕事しかしない業者も残念ながら存在しています。優良業者かどうかのチェックは厳しく行う必要があります。

風評被害対策として逆SEOの施策も可能

比較的有効度が高いと言われている風評被害対策があります。それが逆SEOです。逆SEOというのは、その名の通りにSEOの反対で、特定のサイトの検索順位を下げることを言います。普通のSEOは、多くの人に見てもらうために検索順位を上げていく行為を指します。理想は1ページ目に表示されることですよね。検索結果の1ページ目に表示されれば、それだけで多くの人がサイトをチェックしてくれます。これがSEOです。逆SEOはその反対なわけですから、多くの人に見せたくないページの検索順位を下げて、アクセス数を減らすというテクニックになります。直接そのページのランクを部外者が下げることは不可能ですから、相対的な順位を下げるという手法を使っていきます。要は、見せたくないサイトよりも検索順位が上に来るページを大量に作ればいいということです。自分たちのページで特定ワードの検索結果1ページ目を埋められたなら、ターゲットとする迷惑サイトのアクセス数は大幅に減らせます。風評被害の発生源となる記事を人の目に触れさせないようにできるので、大きな効果が得られるという理屈です。ノウハウを持った業者に依頼すれば、逆SEOをしっかりと行って当初の目的を達成してくれます。

広告募集中